ゴーカート事故の責任は親!? 11歳女の子は名前は誰?その後はどうなる?

ゴーカートの画像

2022年9月18日、北海道森町赤井川の宿泊施設「グリーンピア大沼」の敷地内で起きたゴーカート事故がネットで注目されています。

どうやら主催側の方に多くの過失が認められているとのことで、責任問題について物議を醸しています。

この記事では事故を起こしてしまった11歳女の子について、責任問題や今後について、現在上がっているネットの情報をもとにまとめていく。

目次

ゴーカート事故の経緯を簡単整理


 事故は18日午前、宿泊施設「グリーンピア大沼」で開かれていたモータースポーツの体験イベント中に発生した。

女児(11)が運転するゴーカートがカーブを曲がりきれずに直進し、見物していた子どもたちに衝突。成那ちゃんの他に、男児(4)が軽傷を負った。女児にけがはなかった。

同署によると、死亡したのは函館市の吉田成那ちゃん。搬送先の病院で治療中だったが、19日午前9時ごろに死亡が確認された。
引用元 ヤフーニュース

ゴーカート事故の責任は誰になる?

ニュースによると、今回の事故を起こしてしまったのは11歳の女の子。

刑事上の責任を負うことはできないため、保護者である親が被害者に対する損害賠償責任を負うことになる訳ですが、

ネットではこの責任問題について主催側の過失であるとの声が非常に多く上がっています。

あれは完全に運営側の過失

どう見ても運営側の過失

ネットでは責任は主催したトヨタに問題があるとの声が多数

当初Twitterでは、主催は大沼のイベント会場との情報が広がっていましたが、調べたところ主催したのはトヨタであることが確認できました。

イベントは函館地区にあるトヨタ自動車の関連4社が共催。モータースポーツの体験やトヨタ車の試乗などをすることができた。
引用元 ヤフーニュース

争点になるのが事故に対する主催側の対策と言われており、調べてみたところ、運営側の方で多くの過失があるとの情報が確認できました。

本来ゴーカートは、最高時速が30キロ前後の乗り物のこととを指しますが、今回大沼で使用さてたカートは時速40キロ出るレーシングカート。

レーシングカートのコースがカラーコーンじゃ制止できるわけない

トヨタの責任がでかいな

トヨタ側の判断ミス

ネットでも責任はトヨタ側にあるとの声が今の上がっています。

ゴーカート事故に巻き込まれた11歳女の子の名前やその後について。

11歳女の子の名前は既に特定されているみたいですが、未成年なのでここでは伏せておきます。

Twitterによると5ちゃんのほうで名前について特定されたようです。

その後についての詳情報は今のところなく、続報入り次第追記していこうと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる