五輪汚職の逮捕者リスト。政治家まとめ!竹中平蔵、森喜朗は起訴確定か。

五輪汚職に関わった政治家の画像

東京オリンピックの汚職事件発覚で、高橋治之が逮捕されたことをきっかけに、

それらに関わった疑惑がもたれる政治家、実業家が次々に発覚し始め話題になっています。

コロナが問題になるなか行なわれた東京五輪に兼ねてより、

多くの利権が絡んでいるとのではないか?

といった声が囁かれていた中、露呈した今回の事件。

現在報道されているのはわずかですが、

調べてみたところどうやら政治家、特に自民党の中には肝を冷やしてるであろう人たちが多くいるとの情報を確認しました!

五輪の汚職事件を図解で分かりやすく解説してます!

あわせて読みたい
五輪汚職を関係図でわかりやすく!関わった政治家は合計50人越え!? 五輪汚職問題が連日話題になっています。 2022年8月に発覚した、スポンサー契約の問題で高橋治之が逮捕されたことをきっかけに、 汚職問題に関わったその他の大物政治家...

五輪開催の裏で一体何があったのか?

この記事では「五輪汚職の逮捕者リスト」ということで汚職に関わったとされてる政治家や実業家についてまとめていきます!

目次

五輪の汚職問題について簡単に解説

まずは五輪の汚職問題について簡単に解説します。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

簡単に説明すると、

当時五輪理事であった高橋治之に対して、AOKIホールディングス前会長の青木拡憲が、

スポンサー契約の上で、スポンサーやライセンス商品などへ便宜を図るよう依頼し、

その見返りとして多額のお金を受け取っていた。

というもの。

五輪汚職のわかりやすい関係図の画像
高橋氏へ青木側から5100万

高橋側が青木側から依頼金5100万の受け取る。

また、それ以外にも青木側経由で電通の子会社から2億3000万円のお金が流れていたことも判明。

五輪汚職のわかりやすい関係図の画像
電通子会社から2億3000万

一連の発覚で、高橋は受託収賄の罪で、青木は贈賄の疑いで逮捕されています。

受託収賄:公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪のこと

贈賄:公務員へ賄賂を供与・申込み・約束をする犯罪のこと

現在スポンサー契約問題について高橋側は容疑を否認しているとのことですが、

東京地検特捜部によると、スポンサー契約をした時の音声データが既に抑えられており、この存在は証拠として非常に強いとのこと。

五輪問題で逮捕された政治家、実業家は今のところ4人。

五輪組織委員会元理事
高橋治之:受託収賄の疑い

高橋治之の画像

AOKIホールディングス
青木拡憲:5100万を依頼金として高橋へ渡す。

青木寶久、上田雄久:電通子会社を通じて2億3000万を高橋へ依頼金として渡す。

青木拡憲の画像
青木拡憲
AOKIホールディングスの画像
AOKIホールディングス

ジャーナリスト佐藤が語るこれまでの検察の動きと今後。

一連の五輪汚職問題について、ジャーナリスト佐藤章の対談動画がTwitterで話題になっています。

ジャーナリスト佐藤章

ジャーナリスト佐藤の画像
・元朝日新聞記者
・五月書房新社・編集委員長
・AERA、週刊朝日、月刊Journalismで記事を執筆
・Twitterのフォロワー数は7万人

動画では一連の五輪汚職での高橋治之の逮捕をきっかけに、黒い情報が底なし沼状態で捲れ始めていることが語られます。

中でも反響があったのが、

「検察側が押さえている逮捕者予定リスト」「五輪汚職をめぐる検察側の動き」について

それぞれについて説明していきます。

検察側の五輪関係の逮捕者リストは50人!竹中平蔵の名前も!?

まずは検察側が押さえている「逮捕者リスト」について。

佐藤氏曰く、五輪汚職問題をめぐって高橋氏の逮捕をきっかけに検察の調べは勢いを増しまくっており、ブレーキが効かない状態とのこと。

検察側は既に逮捕者のリストをつくっており、ジャーナリスト佐藤の対談動画では、逮捕者予定はなんと50人とのこと(動画 8.00〜)

そしてその中には、竹中平蔵の名前があるとの情報を信頼できる筋から入手したとのことです!

このリストには竹中平蔵の名前が入っているとの情報を確認

ジャーナリスト佐藤の画像

竹中平蔵に関する詳細情報についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
竹中平蔵って何者?経歴、評判まとめ!嫌われている理由も紹介! 岸田政権や統一教会に対する発言で度々注目を集めている実業家の竹中平蔵(たけなかひらぞう)。 この人物は一体何者なのか? 政治学者や経済学者の中では名の知れた方...

最近では、JOCの竹田氏や森元総理への事情聴取なども始まり、本格的に汚職に関わった大物政治家の炙りだしがされているとのこと。

森元総理

検察が五輪汚職問題に結構ガチめに動いている

また佐藤氏に入ってきた情報によると、汚職事件について検察は、

「東京地検特捜部」と経済犯罪専門の「財政経済班」の2つのグループが同時に竹中氏を追及している。

という驚くべき展開になっているとのこと。

大物政治家に対する検察追及ぶりはTwitterでも話題になっています。

検察特捜部がいよいよ本気になり始めた。

佐藤氏曰く、この検察の動きに自民党の国会議員は相当焦っているとのことで、菅元総理に手がかかるのも時間の問題だと言っています。

五輪汚職が「今」問題になったのには安倍の射撃事故が関係していた!

最後に今回の汚職事件がなぜ2022年の8月に問題になったのか?ですが、

これについては、どうやら安倍の射撃事故が深く関係していたことが、週刊誌「リテラ」の情報からわかりました。


高橋容疑者を五輪プロジェクトに引き入れたのは安倍晋三・元首相であり、その際、「絶対に高橋さんが逮捕されないように守る」と約束していた、というのである。

そもそも高橋容疑者は当初、五輪招致にかかわるつもりがなかったというが、2012年12月に第二次安倍政権が発足すると、高橋容疑者のもとに安倍首相から直々に電話がかかってきた。

当時の状況を高橋容疑者は知人にこのように語っていたという。

「安倍さんから直接電話を貰って、『中心になってやって欲しい』とお願いされたが、『過去に五輪の招致に関わってきた人は、みんな逮捕されている。私は捕まりたくない』と言って断った。

だけど、安倍さんは『大丈夫です。絶対に高橋さんは捕まらないようにします。高橋さんを必ず守ります』と約束してくれた。その確約があったから招致に関わるようになったんだ」

引用元 リテラ

高橋さんは捕まらないように守りますから

安倍の画像

つまり今回の汚職事件は、安倍が生きていたら人為的抑止力が働いて表沙汰にならなかった可能性が非常に高いと言うわけです。

実際に2人の関係を取材したところ、

・安倍と高橋が深い関係にあった。
・東京地検特捜部が安倍政権時代、高橋容疑者の五輪招致をめぐる不正をつかみながら、疑惑に蓋をしていた。

といった事実が浮上したといいます。

罪を犯しても逮捕されないように約束されるとは法治国家として俄に信じがたいことです。

やばいな日本、、、

検察には是非ともこの事件について、真相を暴き然るべき処罰を下してほしい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる